100均ボタン電池の寿命は取り扱い方できまる

アルカリボタン電池LR1130

ダイソーなどの100円均一ショップで販売されているボタン電池について、寿命が短いのではないかと考える方がいらっしゃるようです。

結論から言ってしまえば、最近のボタン電池はどこのものでもほとんど違いはありません。

使えます。

ただし、ボタン電池は取り扱い方によって寿命に違いがあります。

素手で触ってはいけない

ボタン電池は素手で触っただけで通電します。

ボタン電池のマイナスとプラス

でっぱった方の負極(-極)と周囲の正極(+極)が近くにあります。

素手で持っただけで電気が流れていきます。

例えば「LR41」アルカリボタン電池の容量は、単3アルカリ乾電池の約60分の1しかありません。

素手で掴んでいるだけで、すぐにボタン電池の容量がなくなってしまいます。

ボタン電池を取り扱うときには、必ずゴム製の指サックかゴム手袋をしましょう。

ピンセットなどで摘んではいけない

同じように、ピンセットやラジオペンチなどでも摘まないようにしましょう。

電気が流れてしまって、寿命が短くなってしまいます。

ボタン電池の扱いには注意が必要です。

広告